第7回 とまり木情報

Pocket

<<<以下、とまり木情報の転送です。 >>>

 

2018年8月31日(金)に行われた「とまり木」の内容をお伝えします。

今回のテーマは『かゆみ対策』についてです。
まず前提として今からあげることは、その人の皮膚の状態により良くなる
場合も悪くなる場合もあるので、誤解のないようにしていただきたいです。

①最初にかゆみを減らす方法です
・抗ヒスタミン剤などのかゆみ止めを服用する
・保冷剤をガーゼで巻いて患部に当てる
・熱いシャワーをかける(悪くもなる)
・冷たい水をかける(保湿)
・クーラーや扇風機に当たる
・紫外線に当たる
・掻く(一番確実ではあるが傷がつく)

②次にかゆみが出ないようにする方法です
・抗ヒスタミン剤を服用する(アトピーのかゆみに2割前後しか
効かないと言われています)
・ステロイドを使う(問題あり)
・免疫抑制剤を使う(問題あり)
・デュピクセント(TNF-R阻害剤)を使う)ステロイド継続使用)
・体温を上げない(夜、分厚い布団をかけないなど)
・ストレスを避ける
・紫外線を当てない
・子供の場合などはゲームや手遊びをさせる
・シャンプーする
・保温にはなるがガーゼや包帯で巻く
・運動する など

Q:患者の方の対策方法があれば聞かせてください。
A:・あえて人前に出る
・爪にジェルネイルをつける
・無の境地に自分を持っていく
・ツボを押す
・皆で出かける
・好きなものを食べる
・海水浴(保湿になる)
・患部以外に強い痛みを与えてごまかす
・手に靴下を履く
・激落ちくん(メラニンスポンジ)で掃除する(集中できてスッキリする)
・深呼吸する
・立ち上がって水分を下に落とす

Q:アトピーのない国はありますか?
A:ネパール

Q:寝られない日が続きますが、寝られる日が来ますか?
A:症状が改善したら寝られるようになります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です