脱ステしてから10週目の症状

Pocket

(写真あり)

2018-01-14(日)
若干の寝苦しさはあったが掻き壊しもなく、全体的に見て皮膚の状態はかなり戻ってきている。首は若干の湿り気があり、胸部は少しかさぶたが残っているが、その他はただただ乾燥している状態の肌に近づきつつある。寒さが厳しかったが60分のウォーキングをした。

2018-01-15(月)
昨晩は若干暑かったのか、痒みが増した。寝間着を脱いでシャツ1枚で寝ると今後は寒さで目が覚めた。日中の痒みはほとんどないが、、ランニング等で体温が上がると同時にチクチクとした痒みも増す。午前中にランニングをし、いい感じに汗をかけた。汗が皮膚を保護している天然のバリアに感じtる。午後にシャワーを浴びたため体がまたかなり乾燥した。顔はパリパリとした感覚が残る感じ。だから夜には再度ランニングに行き、汗をかくようにした。夜のランニングも気持ちが良かった。

2018-01-16(火)
水分量が増えてきていたからだろうか、首からの滲出液が若干増加した感じがする。もちろん朝には乾いているためあまり気にはならないが。胸部のかさぶたはほとんどがとれて、赤みや湿疹があった箇所が明らかに面積が少なくなっている気がする。朝と夜にランニングをし、体の調子がかなり良くなってきている。夜のランニングの後に多めに水分を摂取してしまったためか、寝ている際に汗を大量にかいた。掻き壊しがなかったのが幸い。その汗のおかげもあり、体の調子はさらに良くなっている。

2018-01-17(水)
背中の赤みがかなり落ち着き、もとの肌色に少しずつ戻りつつある。首周り・胸のかさぶたがさらに少なくなってきている。また、落屑はこの1週間でかなり量が減ったように思われる。ただ、目の周りが痒く、涙が常に止まらない状態になってきていたため医師に相談すると、単なるアレルギーとのこと。アレルギーを抑える点眼薬をこれから行う。そういえば、血便は年明けから出ておらず、いつの間にか治っている。

2018-01-18(木)
体の皮脂がかなり分泌されるようになってきておりぱっとみでは症状がわからない程度になっている。ただ首と胸元はまだかさぶたと湿疹があるためもう少し時間は掛かると思われる。最近はお通じがかなりよく、毎日一度出ており、腸内環境はかなり改善されてきていると感じる。また、ここ最近で「分子栄養学」に関して書かれてている書籍を読んでみたが、ビタミンやタンパク質をしっかり摂取することの重要性を感じた。腸内環境を整えることに加えて、栄養素の摂取もしっかりと考えて、退院後も取り組もうと思う。ランニングも行ったお陰で、体の調子は良い。

2018-01-19(金)
胸と首のかさぶたがさらにマシになって来ている。徐々に良くなっている。点眼薬をし始めてからは、目や目の周りの痒みはマシになってきている。ただ鼻水も出始めているので、軽い風邪を引いたような症状が出ている。運動もあまり無理はせず軽く済ませようと思う。運動は体には良いが、やりすぎるとNK細胞が死んでしまう為、免疫力が落ちてしまうとのこと。何事もバランスが大事だと感じた。

2018-01-20(土)
首周り以外はほとんと症状がただの乾燥という感じにまで皮膚が回復している。まだ首後ろと首右側は若干症状が残っている。目の痒みに関しては、抗アレルギー点眼薬を投与し始めてから2~3日で痒みはかなりましになってきている。また昨晩はお酒を少し飲んだ。スパークリングワイン1杯とウイスキーシングルロック1杯のみ、抑え気味に飲んだが1ヶ月以上お酒を飲んでいなかったため、酔いやすくはなっている気がする。便に関してはここ1週間以上毎日出ており、腸内環境の回復が伺える。今日4日ぶりにタバコを吸ってみると、脈拍が早くなったことを実感した。やはりタバコは体に害があるのだと思った。体が順調に回復して生きているため、良しとする。

 

~2018-01-14時点~
<正面>

<胸部>

<首裏>

<首横>

<背中>

<右腕>

<左腕>

<膝裏>

Week11へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です