脱ステしてから6週目の症状

Pocket

(写真あり)

2017-12-17
朝起きると、昨日夜の汗による落屑がかなりあった。但し浸出液の量はピーク時よりは落ち着いており、朝の着替えの際の不快感もましにはなってきている。朝の体温は37.5と落ち着きを取り戻し、体の怠さも38度あったときよりましだが、万全ではないと感じる。また、耳裏の浸出液はかさぶたを取ってしまうと確実に少し出てくる。なぜこれが治らないのかが不思議。耳裏には何もステロイドなんか塗っていないのに。腕を伸ばしたり曲げたり、首を左右に振るなど、がかなり楽に行えるようになってきている為、全体的に回復は感じられる。あと、眉間に小さな湿疹とかさぶたが出来ている。黄色で固まっているので触らないように、自然に取れるまで待つとする。

 

2017-12-18
落屑はまた増えており、但し朝の着替えの不快感は酷かったときよりましになっている。滲出液は、肩あたりの傷がある箇所からは少し出て入るが、これもピーク時に比べるとましになっている。数値サマリを確認すると、運動を30分以上行ったときは便が出ているが、ここ4日間運動をまともに行っていないからか、便も出ていない。首はかなり良くなってきている感があり、左右に動かしたり、振り向いたりがかなり楽に行えるようになってきている。皮膚の色が若干黒ずんているものの、皮膚の見た目も通常に戻りつつある。肩の傷はやはりいちばん治りが遅く、滲出液が固まってかさぶたが何重にもなっているものがまだ張り付いている状態。ただし、固まって乾いてはいるので、正常な皮膚が下にできて剥がれ落ちるのも時間の問題と思われる。全体的には、よくなってきている感があり、希望が湧いてくる。午前中に水分を多く摂るようにすると、単なる風邪のような症状は落ち着いた。よくわからないのは耳で、かゆみはそれほどではないが、かさぶたを剥がすとすぐに滲出液がうっすらと出てきてい不快な気持ちになる。夜にシャワーを浴びたが、恐らく必要な皮脂も落ちてしまい、乾燥と痒みが悪化した。その分肩とデコルテを掻き壊してしまった。

 

2017-12-19
朝起きると、右肩がやはり滲出液があり、シャツにひっついていて剥がすのが不快であった。気持ち悪かったがなんとか着替えを済ませ、落屑の掃除。落屑は昨日と同程度でまだ出ている。滲出液に関して調べていると、黄色はリンパ液が漏れ出ているのでは?と疑問に思った。体の怠さ等はましであり、普通の風邪のような症状はあまりなく、熱も朝の時点で37.1であり、落ち着いている。黄色い滲出液がリンパだとすると、デトックスしていることになり、リンパ管が多く通っていると考えられる耳や首・肩から出るもの納得がいく。良くなってきて、少し悪くなってきてを繰り返している。

 

2017-12-20
右肩及び左肩から滲出液あり、特に右肩はひどいレベルでうろこ状のかさぶたになっており、はやくとれないかなと思っている。肩からの滲出液はあるにはあるが、朝には乾いており、シャツにひっついてはいないため、朝の着替えの不快感はまし。耳裏は特に左から多くてでいる、昨晩は左向きに寝ている時間が多かったからかもしれない。ここに来て、改善の傾向が少し滞ってきた気がする。まだ治療には時間がかかる様子。腕は伸ばすことに苦はなくなっているため、気分的には楽。しかし、胸元真ん中は掻き壊して少しジュクジュクしている。医師に朝確認いただき、細菌感染が始まりそうであるため、抗生物質をこれから摂取する予定。耳裏の滲出液が止まらないのは、髪の毛がちくちく当たっているのが原因とのことなので、近いうちに髪の毛を切る予定。首がちくちくしてかいてしまうのも髪の毛が原因とのこと。顔にも若干だが湿疹が出始めており、目の周りあたりから少し赤いぽつぽつが2~3こ出始めている。若干の恐怖を感じる。

 

2017-12-21
肩からの滲出液の量は若干減っていた、胸中央部上部は少し掻き壊しがあり滲出液が出ていたが、医師に見て頂いた所乾いているため、それほど問題ではないとのこと。朝の着替えの不快感はまだまし。全体的に落屑はかなり多かった。体全体で評価すると、少しずつではなるが良くなってきていることが実感出来るため、かなり希望が持てる。熱も起きて朝に測ると、ここ2~3週間で初めて36度台になり、平熱が戻った。耳裏は、昨晩よるに意図的にかさぶたをすこし剥がしてみると、やはり若干の湿り気があった。でも朝起きてみると、湿り気はほとんどなく、かゆみもましであり、かさぶたが出来ている。滲出液が止まる速度が早まっている感じはあり。胴体に関しても、落屑は依然として多いが、落屑自体は白く細かくなっており、少しずつ皮膚の赤みも白みを増してきた気がする。医師の指導に照らし合わせてみると、良くなっている兆しといえる。またお昼には、サッカーボールで入院友達と遊んできたが、汗を次第にうまくかけるようになってきており、回復の兆しが見えた。

 

2017-12-22
昨晩夜に右肩のかさぶたが少しずつ取れ始め、正常な皮膚が戻りつつある。朝は熱もなく体調も良くなってきている。ただ、医師からは他の人よりも回復が遅いと言われ、たばこを吸っているというと、それが確実な原因だと言われた。禁煙することを決意した。午前中に最後の一服を行い、私の喫煙人生は幕を閉じた。退院予定日、仕事復帰時期の目安を聞くと、退院は1月末ごろ、仕事復帰は3月からが良いだろうとの事。仕事や幾つかの予定のキャンセルが確実となった。3kmのランニングと1時間のバドミントを入院仲間と行い、かなり気持ちが良かった。元気になってきている気がする。運動とたばこをやめた効果でこの週末でどれだけ良くなるかが楽しみである。

 

2017-12-23
右肩のかさぶたがかなりとれ、もともとの半分程度まで減った。体温も落ち着いているが、脈拍は104程度でまだ多め。全体的に体調は良い。同室に別の患者が入り、喫煙者だったため再度吸い始めてしまった。但し、入院時と入院後の環境を大きく変えすぎるとまた悪化する恐れがあるため、少しずつたばこは減らそうと思う。午前中に2時間歩きかなり良い運動をしたが、昨日の運動による筋肉痛もあったため、足が単純に痛い。気になる点としては、排便する際、これまでもそうだったが若干の血が交じる。普段は全く血は出ていないが、排便時に恐らく便が大腸内を傷つけ、若干の血が出てしまっているのではと思う。この日はその血の量がいつもより多く、少し気になった為、念の為看護師に相談した所、次回排便時は便を見せることに。SHIT!!

~2017-12-18時点~
・胸

・背中

・首裏

・正面

・左腕

・右腕

・右肩

・膝裏

Week7へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です